ブラックユーモア

使い方を間違えると大変なことになるブラックユーモアの笑いと皮肉

使い方を間違えると大変なことになるブラックユーモアの笑いと皮肉

「ブラックユーモア」は、ある対象を攻撃するために、「笑い」と「皮肉」を意図的に交えて作られた言葉です。

 

「相手を打ち負かしたい」、「相手より優位に立ちたい」という心理状態になった人間が、優越感に浸るためにブラックユーモアを口に出すことが多いようです。

 

悪趣味なジョークと呼ばれることも

ブラックユーモアは「笑えるが後味の悪い・背筋が凍るようなジョーク」のことを指します。

 

いわゆる「ブラックジョーク」と同じ意味を持っており、相手を笑わせる冗談の中に、タブーの要素を取り入れているのが特徴です。

 

スポンサーリンク

 

「悪趣味なジョーク」とも言われています。

 

1935年、文学者である「アンドレ・ブルトン」がこれらの要素を持つ言葉をブラックユーモアとして定義したのが始まりです。

 

ブラックユーモア関連の書籍を出している作家としては、「ロアルド・ダール」、「トマス・ピンチョン」、「カート・ヴォネガット」らがあげられます。

 

使い方を間違えると大きな反感を買うことも

ブラックユーモアは一歩間違えれば、世間から強い反感を買う言葉でもあります。

 

たとえば、2011年3月、日本では東日本大震災が起こりました。

 

このことに関し、アメリカのコメディアンが、不適切なジョークを吐いたことが話題になりました。

 

当時、某保険会社のテレビCMでアヒルの声を担当していた「ギルバート・ゴットフリード」が、「日本では海に行かなくても波がやってくるからサーフィンが楽しめる」という風な言葉をツイッターに投稿しました。

 

これが世界中から強い批判を呼び、ギルバートはCM契約を解除されています。

 

ブラックユーモアは「笑い」と「タブー」が共存していることが絶対条件であり、被災した日本の立場としては、彼のジョークは笑うことができません。

 

その後、ギルバートのつぶやきに対するコメントを投稿する人が現れました。

 

スポンサーリンク

 

「ギルバートは黙っていても休暇がやってくる、さすがだね」という内容のコメントは、ユーモアと皮肉を兼ね備えた素晴らしいブラックユーモアとして、インターネット上で話題となりました。

 

アンブロース・ビアスの「悪魔の辞典」

ブラックユーモアを題材とした書籍に、「悪魔の辞典」というものがあります。

 

アメリカの新聞記者、「アンブロース・ビアス」が連載していたコラムを書籍化したもので、皮肉・ブラックユーモアの大百科と言われています。

 

同時に、「人生観に悪影響を及ぼす可能性がある」として、「10代が読むべきではない書籍」として知られています。

 

著者のアンブロースは短編小説の執筆で有名な作家で、殺人や戦争などをテーマに、タブーとユーモアを交えた作品を多く残しています。

 

彼の書籍は後の文豪たちに多大な影響を与えており、芥川龍之介などもその一人です。

 

遺稿、「侏儒の言葉」は悪魔の辞典から強い影響を受けたことで有名です。

 

そんなアンブロースが執筆した悪魔の辞典では、さまざまな言葉にタブーと皮肉を加えて解説しています。

 

たとえば、「悪」という言葉を「人類が進化していくのに必要不可欠な要素」、「アマチュア」を「趣味と技量と思い誤り、野心を能力と混同している世間の厄介者」、「一年」を「365回の失望から成る一定の期間」としています。

 

人生に深い絶望感を抱いていたアンブロースが残した悪魔の辞典は、発売から100年たった今でも、多くのファンがいます。

 

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加