自己紹介のユーモア

自己紹介をユーモアたっぷりにするためのコツ

ユーモアのある自己紹介をするためのコツ

自己紹介は初対面の相手に自分がどういう人間か知ってもらう重要な場面です。

 

紹介において過去の失敗談や笑えるエピソードを交えると、お互いの緊張感が解けます。

 

ここでは、ユーモアのある自己紹介をするためのテクニックを解説していきます。

 

とにかく「笑顔」をキープする

初対面の相手の第一印象は、外見が9割と言われています。

 

つまり、どれだけ性格が真面目な人でも外見がだらしなかったら悪い印象を与えてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

それだけ外見は重要であり、初対面の人と会う場においては何よりも重要視すべきポイントです。

 

それは表情にも言えることで、初対面の相手に笑顔を向けることで、「明るそうな人・優しそうな人」という印象を与えることができます。

 

逆にムスッとした表情をしていれば、「怖そうな人・怒りっぽそうな人」という印象を相手に与えてしまいます。

 

なので、まずは笑顔をしっかり作ることが、ユーモアのある自己紹介をするときの準備となります。

 

目を開き、口角を上げ、ニコニコしながら自分という人間を伝えましょう。

 

その際、身振り手振りを加えながら話すことで、ユーモアあふれる自己紹介がより魅力的に感じることでしょう。

 

失敗談や笑えるエピソードをまじえる

初対面の相手に自己紹介することになった場合、多くの人が緊張してしまうことでしょう。

 

その原因はお互いのことを知らないがゆえにその場にただよう緊張感であり、それを会話によって和ませることで、お互いの自己紹介がスムーズに進むようになります。

 

緊張感を解く方法として最も効果的なのが、ユーモアのある話です。

 

過去の失敗談や、自身が体験した笑えるエピソードを自己紹介にまじえることで、場の空気を和ますことができます。

 

失敗談や笑えるエピソードとしては、たとえば「学生時代の部活動」などに触れると良いのではないでしょうか。

 

部活動から相手の人物像がわかるだけではなく、共感できるポイントが見つかりやすいというメリットもあります。

 

学生時代の失敗は大抵の場合笑って許されるため、多少大げさに話すと、ユーモアを感じさせるトークに発展する可能性が高くなります。

 

スポンサーリンク

 

見かけによらない意外な趣味の話をしてみる

初対面の相手にインパクトを与える方法として、意外な趣味を伝えるのも効果的です。

 

一見すると大人しそうな青年が、夜はロックバンドのボーカルとしてステージ上でパフォーマンスをしていたら、大半の人が驚きます。

 

昼と夜のギャップが、ユーモアをうむきっかけとなるかも知れません。

 

方言を使ってみる

方言は自己紹介における「隠れた武器」として知られています。

 

出身地の言葉を好まない人が多いですが、そのなまりこそが、相手の心を開かせる武器となります。

 

まず第一に、方言からその人の出身地が予測できます。

 

関西弁を使っていたら大阪周辺の出身の可能性が高まり、東北弁なら青森や岩手、九州弁なら福岡県あるいは大分県といった具合です。

 

もちろん方言から正確な出身地を割り出すのは難しいですが、それがきっかけとなって会話が盛り上がることもあるでしょう。

 

自分から率先して方言を使うことで、「私は○○出身です」ということをアピールすることができます。

 

仮に相手が同郷だった場合、すぐに意気投合し、場の緊張感も一気になくなります。

 

会話の中にユーモアが生まれやすいため、話術として意図的に方言を取り入れている人もいます。
スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加