ユーモアを磨く

どのようにしたらユーモアを磨くことが出来るのでしょうか?

ユーモアを磨く方法はあるのでしょうか?

ユーモアは生まれつき持っているセンスなので「磨くのは難しい」と考えていませんか?でも、実際にはそんなことはありません。

 

ここで紹介する「4つ」のポイントさえ抑えれば、誰でも簡単にユーモアを磨くことができ、魅力的な人間になることができます。

 

固定観念をなくす

まずは、頭を柔らかくするトレーニングから始めましょう。「〜は〜である」という固定観念を外し、自分の中にある常識を覆していきます。

 

融通が利かず、頭が固い人ほどこのトレーニングは効果的です。

 

スポンサーリンク

 

 

固定観念をなくす方法として有効なのが、1つの問題に対するさまざまな意見を聞くことです。

 

たとえば、「どうすればお金持ちになれるのか?」という問題があるとして、それに対する他者の意見をひたすら調べていきます。

 

すると、「一生懸命働いて貯金をする」という意見があれば、「宝くじで一等を当てる」、「お金持ちの異性と結婚して玉の輿に乗る」といったユニークな意見もあります。

 

他の人の考えを知ることで、「そんな考えもあったのか」という具合に、自分自身の選択肢が広がっています。

 

常識というブレーキを外せば外すほど、「柔軟な思考」が身につき、ユーモアを交えたコミュニケーションを取ることができるようになります。

 

観察力を磨く

「お笑い芸人は観察力がずば抜けている」と言われています。相手の表裏を見抜くことにたけており、美しい女優のずぼらな実態や、イケメン俳優のナルシストな性格など、表面的にはなかなかわからないことを瞬時に判断します。

 

これは、お笑い芸人が1つの物事を「多角的」に捉えることができるからです。

 

あらゆる視点で物事をながめることができるため、「違う一面があるのではないか?」と疑ってかかることができるのです。

 

観察力を磨くためには、1つの物事に対し、さまざまな方向から観察する癖を付けると良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

想像力をふくらませる

想像力はユーモアに欠かすことのできない要素です。このような能力は幼少期に培うイメージがありますが、大人になってからでも身につけることは十分可能です。

 

たとえば、目の前にドアがあるとしましょう。自室と廊下をつなぐ、いつも利用しているドアです。

 

もしかしたらそのドアは、自分の部屋と違う世界をつなぐドラえもんの「どこでもドア」かもしれません。

 

ドアを開ければ未来の世界が目の前に広がる…そんなことをイメージしてみてください。

 

常識的に考えてそんなことはありえません。しかし、このような非現実的な空想が想像力を豊かにし、ユーモアセンスを磨くきっかけとなります。

 

「小説家」、「漫画家」、「ミュージシャン」などの「人に夢を与える仕事」に就いている人ほど、想像力が豊かな傾向にあります。

 

情報を他人と共有する

自分が面白いと感じたことを他人と共有することで、ユーモアセンスを磨くことができます。

 

他人がそれを共感してくれた場合、自分の判断に自信を持つことができ、相手の笑いのツボがわかるようになります。

 

共有する相手はできるだけ外部の人が良いです。ツイッターやフェイスブックなどで、不特定多数の人と情報を共有し、反響を待ってみましょう。

 

何が世間に受け入れられて、何が受け入れられないのか、判断力を磨くことができます。
スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加