ユーモアと才能

そもそもユーモアのあるなしに才能は関係があるのか?

ユーモアに才能は関係あるのか?

たびたび話題となるのが、ユーモアと才能は関係あるのか?ということです。

 

生まれもった才能があるからユーモアのあるコミュニケーションを可能とするのか、努力をすればユーモアある人間になることができるのか、あなたはどちらだと思いますか?

 

本当は才能は関係ない?

ユーモアと才能は関係ないというのが一般的な考え方です。

 

自分には才能がないから…と諦めている人も、努力次第でユーモラスな表現を身につけることが可能かも知れません。

 

スポンサーリンク

 

そのためには、知識とセンスを磨く必要があります。

 

知識に関しては、あらゆるジャンルの情報を日頃から抑えておくようにしょう。

 

政治経済、エンターテイメント、スポーツ、恋愛から趣味まで、さまざまな情報に関心を向け、知識を吸収します。

 

それが「ネタの引き出し」となり、相手に合わせた話題作りができるようになります。

 

センスというのは、いわば感覚のことです。

 

どんなネタを振れば場が盛り上がるかとか、どの言葉なら相手を笑わせることができるか、といったことが分かれば、どのような場面でもユーモアのある会話が出来るようになります。

 

このように、知識とセンスさえ身につけることができれば、才能の有無に関係なく誰でもユーモラスな表現ができるようになるということがいえます。

 

 

ネタの引き出しを増やす簡単テクニック

人を笑わせるときには、ネタの引き出しは多ければ多いほど有利になります。

 

相手が女性ならエンタメやトレンドの情報を集めておくと良いですし、年上の方が相手なら政治経済や時事問題、同僚ならエンタメといった具合です。

 

相手がどんなことに関心を持っているのかということを事前に調べておき、それに合わせた引き出しを用意しておくといいでしょう。

 

一度会話が盛り上がれば、「この人は面白い人だな」という印象を相手に与えることができます。

 

ここで問題となってくるのが、引き出しを増やす方法です。

 

情報を集める手段として効果的なのが、新聞です。

 

朝刊と夕刊を毎日読むだけで、あらゆるジャンルの情報を抑えることができます。

 

スポンサーリンク

 

それに加え、インターネットニュースでタイムリーな情報を仕入れておくとなお良いでしょう。

 

ツイッターやフェイスブックなどのSNSをやっていれば、フォローしているユーザーがユニークな情報を提供してくれることもあります。

 

常にアンテナを立てておくことで、ネタの引き出しがどんどん増えていきます。

 

センスは人から学ぶ

ユーモアのセンスは人から学ぶことができます。自分の中で面白いと思う人をピックアップし、彼らの発言や行動を「観察」していきます。

 

ファッションセンスのある人から服装を学ぶのと同じで、ユーモアセンスがある人からコミュニケーション術を学んでいきます。

 

観察を続けていくと、上記で触れた場の盛り上げ方やユーモラスな言葉の選び方がわかるようになっていきます。

 

後はそれを真似し、行動に移すだけです。自分にはユーモアのセンスがないと思っている人は、それを生み出す方法を知らないだけなので、センスのある人から学んでみるといいでしょう。
スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加