ユーモアセンス

あの人はユーモアセンスがあるといわれるのはどんな人?

ユーモアセンスのある人とない人の違いは?

決して面白い話をしているわけでもないのに、なぜか聞き入ってしまう。

 

話し上手な人にはユーモアセンスがあり、聞き手を無意識の内に楽しませる能力を持っています。

 

そういったユーモアセンスある人は職場や学校で「人気者」になることが多く、周囲をなごませるムードメーカー的な役割もはたしているのです。

 

センスがある人の特徴

ユーモアセンスがある人は視野が広く、「相手の立場になって考える」ことができ、状況に合わせて柔軟な対応をすることができます。

 

ある意味では「知性が高い人」とも言え、頭の回転の速さと会話にキレがあるのが特徴です。

 

お笑い芸人を見ていればわかりますが、彼らはどのような状況に追い込まれても、その場を生かして笑いを取ります。

 

スポンサーリンク

 

一瞬の「洞察力」と「判断力」、それに伴う「行動力」が高いからこそそれが実現できるのです。

 

また、純粋な心を持っている人ほど、ユーモアセンスがあることが多いです。

 

どんなに小さなことでも楽しく幸せと感じることができる人でなければ、ユーモアを作り出して人を笑わせることができません。

 

心がきれいな人の言葉は、多くの人が共感し、魅力的に感じます。

 

柔軟で融通の利く考えの出来る人

頭が固いとか頑固者と言われる人の共通点は、自己の固定概念にとらわれすぎていることです。

 

こうでなければならないとかこうすることが正しいなど、さまざまなことを決めつけるため、他者とのコミュニケーションが円滑に進みません。

 

世間的には、こういう人が典型的なユーモアセンスがない人ということになります。

 

こういった人は、ユーモアセンスを身につけるためにも、頭を柔らかくするトレーニングが必要です。

 

まずは固定概念を捨て去り、多くの意見に耳を傾けることから始めます。

 

「そういった考えもあるのか」という具合に、さまざまな意見を素直に飲み込めるようになるまで続けます。

 

その結果、最終的には柔軟で融通の利く考え方ができるようになり、ユーモア溢れるコミュニケーションが取れるようになります。

 

スポンサーリンク

 

情報の引き出しをたくさん持っている人

ユーモアセンスは、考えの幅を広げることで身につけることができます。

 

1つの問題に対して、複数の答えを用意できる力が求められます。そのためには、たくさんの意見と情報を知ることが必要になります。

 

ユーモアセンスを持っている人の多くが知識人であり、あらゆる分野に精通しています。

 

だからこそ、どのような相手とも上手にコミュニケーションを取ることができ、ユーモアあふれる会話に発展させることができます。

 

情報の引き出しが多ければ多いほど、会話の中にユーモアが生まれる可能性が高くなります。

 

ユーモアセンスを身につける方法として、最も効果的なのが新聞を隅々まで読むことです。

 

新聞にはたくさんの情報とさまざまな人の意見が掲載されており、手軽にユーモアセンスを磨くには最適なトレーニング方法です。

 

同時に一般常識を身につけることができるため、社会人としての能力も向上します。

 

朝刊を一通り読んでから出勤するだけで、上司や取引先とのコミュニケーションが円滑に進み、言葉のキャッチボールを楽しむことができるようになります。
スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加