話術のユーモア

ユーモアのある話術を取り入れて相手を楽しませるには?

ユーモアのある話術で相手を楽しませるコツ

さまざまな話術を扱える人は、どのような相手とも円滑にコミュニケーションを取ることができます。

 

中でもユーモアのある話術を身に着けている人は人気者です。

 

しかし、習得の難しさから、それを身につけている人はごくわずかです。

 

一体どうすれば会話の中にユーモアのある話術を取り入れることができるのでしょうか。

 

相手を楽しませたいという気持ちを持つ

ユーモアのある話術を身に着けている人は特別な才能やテクニックを使っているように思われがちですが、実はごく普通の人だったりします。

 

スポンサーリンク

 

また、何か面白い話題を持っているわけではなく、話している内容はごく一般的なものです。

 

それでも彼等の会話に魅力があるのは、相手を楽しませたいという思いがあるからです。

 

「どうすれば楽しんでもらえるか?」ということを考えながら会話をすれば、それがユーモアのある話術となってしまうのです。

 

「情報の引き出し」がとにかく多い

ユーモアのある話術が出来る人は、知識が豊富なことが多いです。

 

エンタメ、政治、スポーツ、趣味、あらゆることに精通しており、その引き出しの多さが周囲を魅了します。

 

彼等は好奇心が旺盛であり、さまざまなことに興味を持っているため、そういった知識を巧みにつかって話術を組み立てます。

 

これにより、初対面の人と1対1で会話をする場面にあっても、持ち前の情報の引き出しの多さで、面白おかしく話をすることができます。

 

相手が好きなこと、嫌いなことに合わせ、「どうすれば心を開いてくれるか?」ということを考えながらコミュニケーションを取ります。

 

お互いに興味がある話題になれば、それだけで笑いのたえない会話になることでしょう。

 

会話にジョークを交える

会議などの真剣な場を除いて、最初から最後まで堅苦しい会話を続けると、話し手も聞き手も疲れてしまいます。会話にちょっとした「ジョーク(冗談)」を交えると、重苦しい雰囲気が和やかになったり、心地よい笑いが起きます。

 

それが両者の心を開くきっかけになるため、有能なビジネスマンは人間関係をスムーズにする目的で、場面に合わせて会話にジョークを交えます。

 

勘違いしてはいけないのは、効果があるのは「ユーモアのあるジョーク」であるということです。ブラックジョークのように一歩間違えば中傷になってしまうものは避け、慎重に言葉選びをする必要があります。

 

また、「誇張表現」をジョークとして交えるのも良いでしょう。少しだけ「大げさ」に話すことで、そこにユーモアが生まれます。本気で言っているのか、冗談で言っているのか、それを相手に考えさせるのがポイントです。

 

スポンサーリンク

 

相手の目を見て話す

ユーモアある話術で相手を和ませるためには、相手の目を見て話すことが欠かせません。

 

相手の目を見るのは会話の基本であり、相手に信頼感を与えるための重要なポイントです。

 

逆に、相手の目を見て会話をできない場合、疑いや不信感を与えてしまいますので、どのような話術をつかっても相手がユーモアを感じることはないでしょう。

 

 

会話そのものを楽しむ

すばらしいユーモアセンスにあふれた話術を持っているわけでもないのに、なぜか魅力的な人がいます。

 

そのような人は、どのような場面でも会話を楽しんでいます。

 

あまり気の合わない同僚と飲みに行っても、彼らは嫌な顔を見せず、ニコニコしながら会話そのものを楽しみます。

 

そして、どのような話題であっても、楽しそうに会話をすることを彼らは忘れません。

 

そうすることで、会話の相手も必然的に楽しい気持ちになります。

 

そのことが「この人と一緒に居ると楽しい」と思わせるきっかけになるのです。

 

常に「笑顔」をキープする

ユーモアあふれる会話をするため欠かせないのが笑顔です。

 

怒っているように見える人と会話をするのは緊張しますが、常に笑顔の人となら、リラックスして言葉のやりとりができます。

 

笑顔はユーモアの基本であり、たとえ話術が未熟であってもそれを十分にカバーしてくれます。
スポンサーリンク

 

このエントリーをはてなブックマークに追加